banner

banner banner banner

米国公認会計士になるための勉強方法

banner 米国公認会計士になるための勉強方法としては、通信講座もしくは専門学校で勉強するか、独学で学んでいくかになります。
通信講座のメリットは、自分のペースで勉強できること、デメリットはモチベーションが維持しにくいことです。
自己管理できる人向けの勉強法となっています。
専門学校のメリットは、米国公認会計士の資格試験合格のノウハウが豊富であること、モチベーションが維持しやすいこと、デメリットは授業料が高いことです。
ポイントは合格率の高い専門学校を選ぶことです。
独学のメリットは経費が安くて済むこと、デメリットは分からないことがあっても自分で解決するしかないことです。
通信講座や専門学校は質問して分からないことを解決できますが、独学はそれができません。

人探しをお願いする
なんと海外に住んでいる可能性も探ることができるというものですから、強いコネクションがあるのでしょう。

米国公認会計士一覧

banner 米国公認会計士の受験資格は、受験する州によって微妙に違うため、事前にどの州の米国公認会計士を受験する

米国公認会計士の受験資格

banner 米国公認会計士の仕事内容は、基本的には日本の公認会計士と同じです。
企業の監査業務、財務諸表の

米国公認会計士の仕事内容

banner 米国公認会計士の実態は、まずアメリカで就職する場合は別として、日本国内では独占資格ではありません。<

米国公認会計士の実態

Copyright(c) 2011 米国公認会計士 All Rights Reserved.